次に登山靴の履き方となりますが、ほぼ皆さんは足を突っ込んで普通にフックにかけて最後に蝶結びをする。しかし歩いてるとひもが緩んだり、笹の中を歩いてるとさもすればほどけてしまう。ではどのように履くか?答えは少しきつめに縛って、ゆるみ止めを作ってほどけないようにすること。ただし幅広い足をしてる人、外反母趾、内反尖足の人は紐の通し方が変わります。
紐の通ってる所がフックのものと、フックでないものの両方をサンプル動画でお見せします。