今年もこの季節がやってきた。
小雨が気になったが、子供達の喜ぶ顔が目に浮かぶ。
中予地方、香川西讃地方の次に僕らの地域の祭りが始まった。
祭りの歴史は、江戸時代中期にさかのぼる。
瀬戸内のここいらへんは上方文化圏に属して、山車、太鼓台を街に繰り出す祭りとなる。祭りのハイライトは、統一行動の時にこの太鼓台1〜2トンを担き上げ、差し上げる動作にある。皆の息が合わないと差しあがらない。この地区は大人太鼓台とこの子供の太鼓台があって、僕は子供の太鼓台のお世話をしている。

CA3A2195

夜提灯装飾が普通だが、錦糸が栄えるようライトで照明。

CA3A2194


CA3A2193