NINJA TOOLS

林業事始〜山・森・仲間たち〜

森と山をこよなく愛する登山ガイドの日常

志々島

志々島再訪

P5050001
五月の晴れの日にガイド業も休み、朝寝をするにはもったいない。
家族とちょっと小旅行。
香川へちょいと出かけた。いつもは海沿いの道を進むが今日は山越えのルート市内一絶景ポイントを娘に紹介する。「へー、こんな所あったんだ。」
 比較的空いた道を香川三豊市に車を走らせて、向かうは粟島。いえいえそのお隣の志々島。
過去に訪れた事がある。ここは島時間の流れるゆったりとした空間。
P5050018
さあ島伝いに志々島へ。

P5050032 P5050033
くすくす=島の拠点である休憩所
お花の島でもあるカカシが挨拶をしてくれ、こちらも「こんにちは!」
目指すは島の最高峰 横尾の辻 
P5050047 P5050056

案の定、貸切状態さあここで何するべ?
何もしないのである。芝生にゴロリと寝返りをうつもよし、ランチをするもよし、娘は本を寝転んで読む。
心地よい風だけが流れていく。
1時間ほどくつろいだあと次の場所、大楠に会いに行く
P5050074
この島は花の島。途中の花畑に驚く。
P5050098
また来たよ、大楠様。

そうこうしているうちに帰りの船の時間が近づき 「くすくす」 で船待ち。ここは宿泊もできる。
島の人口は15人から18人に増えた。この空間に魅せられる人が移り住むのだ。
帰りはヤギがお見送り。メーっ
P5050117

ここから四国本土まで20分ほど。現実に引き戻される。1日家族と異空間に過ごすにはもってこいの島である。


今日の選曲 Black Wonderful Life
モノクロームも不思議な映像とノスタルジック感たっぷり。イメージは志々島に合うかな?






 

志々島

今回の島のあるき旅は塩飽諸島の西の外れの志々島である。
かつてそこは島民1500名の賑わいを博した、半農半漁の島である。
今は島民も百分の一の15名ほど。超過疎の島である。
港


第一印象はこじんまりとした穏やかな島だなと思った事。やはり島時間。のんびりである。
上陸一歩目は休憩所「くすくす」を運営する方との出会いがあり、 その方の計らいで
島の大庄屋の「いせや」本宅を見学させていただいた。
この庄屋さんの家は大そう豪華に造られていて、神棚や仏間、玄関はいうまでもなく素晴らしい造りをしていた。
トイレやお風呂のタイル、便器は特に変わっていた。 
P2180149 P2180144 

「いせや」の内装。島の方々による修復中。まさに文化財です。
P2180168
ご存知の大楠
P2180191
この丘からの眺めは素晴らしい!
P2180205
梅はメジロをよぶ
P2180217
横尾の辻 標高109m 瀬戸内バンザイ!
P2180251 P2180142 P2180160


防波堤ネコ
帰り際に見送ってくれた。休憩所「くすくす」奥さんにはいいところ案内いただきました。NHKの鶴瓶の家族に乾杯のポスター。この回は隣の粟島も舞台となった。鶴瓶さんは島の方の応対に感激して涙を浮かべていたのを思い出す。

この島は急激に過疎の島となったようです。とある集落では挨拶をすれば、誰かが出てきそうな雰囲気の佇まいを見せていました。
また、石垣が通路にせまり、廃屋の中を縫うように坂道があり迷宮の島と表現したい。

この島にはもう一度来なくては。
 
livedoor 天気
あし@
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 遺骨収集調査1 パラオ共和国ペリリュー島をご存知でしょうか?
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
  • 志々島再訪
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード